2009年09月01日

外壁

大変申し訳ございませんでした!!!
長らく更新していませんでしたね。。。

そして、9月になりましたね。

今年の東北は梅雨も明けずに夏が終わるようです。
朝晩もすっかり冷え込むようになり、SCナビの自動操作が
とっても活躍中!です。
日中の気温の上がるときは、ダンパーが開いて家の中に風を取り入れ、
朝晩の肌寒いときは、ダンパーが勝手に閉じくれるので冷たい空気を
家の中に入れずに済むので有り難いです。

IMGP2737.JPG
体感ハウス「こたきの家」の状況。
外壁のスギ板が張られました!残るは白壁部分のみです。

IMGP2731.JPG
玄関サッシも入っています。
どうしても、窓の色に合わせたかったので
とうとう、オリジナルで色を作って塗っていただきました!

可能な限り出来る方法を常に模索し、満足する家づくりをするのが
はしもと住宅店のポリシー。
これからも努力して参りますので、どうぞよろしくお願いします。
posted by apple35 at 11:19| 小滝の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

天井張り

IMGP2292.JPG

体感ハウス「こたきの家」の進捗状況です。
現在、天井下地と天井板(ヒノキ&スギ板)を張っていく工事が
進められています。和室以外は屋根なりの勾配天井なので
大工さんも大変そうです。

幸いにも、ソーラーサーキット工法なので屋根からの熱は伝わって
来ないらしく、暑さの点では快適に仕事が出来ているそうです。

やはり、実際に現場で仕事している大工さんたちが一番
最初にソーラーサーキットの快適さを体験できているようです。


posted by apple35 at 15:40| 小滝の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

昔ながらの…

IMGP1883.JPG

昨日、5月24日の大安吉日に「こたきの家」の上棟式を行いました。
ご招待したOBの方や友人、近所の方、親戚と100名ほどの方が
お越し下さいました。
突然のご案内にも関わらず、ありがとうございました。

IMGP1895.JPG
社長は神社の総代という役柄、上棟式は本格的に行ないました。
私も勉強するところが、まだまだ沢山あります…。

IMGP1913.JPG
私たちスタッフが受付や準備であたふたしている間、
正午きっかりに上棟式が始まっていました。
最近は簡素化されつつある上棟式、私たちも知らないコトが沢山
あります。
今回、昔ながらの上棟式を行なうことで、こういった儀式や建築
の技を若い世代へと受け継がれていってほしいとの社長の想いが
伝わります。

IMGP1919.JPG
上棟式の後は、直会。参列者の方を料理やお酒でおもてなしです。
町長さんのご挨拶から始まり、OBの方の祝謡など、皆さん時間の
許す限り楽しいひとときを過ごしました。
私も、この日は忘れがたい上棟式となりました。
ありがとうございます。
posted by apple35 at 12:10| 小滝の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

上棟!

IMGP1689.JPG
先週、夏のような陽気の中「小滝の家」が上棟しました。

昨年の正月に新月伐採をし、葉枯らし材として自然乾燥をし
三春(地場)の木を活かした木組みの家を建てる計画をしてきて
今年、ようやく「夢をかたちに」の願いが叶い上棟の節目を迎え
ることができました。

IMGP1630.JPG
木組みにこだわった家づくりはとても力強く、これから先
100年、200年と子々孫々まで住み継ぐ住まいであってほしい
ものです。
posted by apple35 at 11:03| 小滝の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

防蟻工事

IMGP1168.JPG
先月の基礎外断熱防蟻工事「ターミメッシュフォームシステム」の
見学会は天候にも恵まれ、作業も大変捗りました。
↑は基礎外断熱の上にステンレスメッシュを施している様子。
ご存知の方もおられるでしょうが、この防蟻工事は薬剤を一切
使用しない物理的防蟻工事です。
環境にも、人にも、アリにもやさしい素晴らしいシステムです。

IMGP1205.JPG
これがステンレスのメッシュです。
簡単そうに見えますが、ステンレス製なので切るのも大変みたいです。

IMGP1207.JPG
基礎の周囲をメッシュで覆ったら、次は専用のモルタルで断熱材と
メッシュを密着させていきます。

IMGP1176.JPG
これが専用のモルタル。
下の方にソーラーサーキットの家とも表示されています。
ターミメッシュフォームシステムは指定部材の一つでもあるので
この工程を除すと、ソーラーサーキットの家にはならないのです。

IMGP1217.JPG
配管廻りにも施します。
地中から侵入するであろうと思われる箇所全て、メッシュで塞いで
いきます。

この作業まできたら、いよいよ建方です。
大工さん達、準備はできたでしょうか…???
posted by apple35 at 11:24| 小滝の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

基礎お披露目

IMGP1144.JPG
養生期間をとったら、いよいよ型枠外しです。
職人さんはドキドキ状態かしら…?
そんな心配も無く、基礎はキレイに仕上がっておりました!
隅々まで行き届いたコンクリートは四隅もビシっときまっております。
カッコイイ…。
一つ一つの作業を丁寧に施していく結果が、この姿になるのだろう‥
とつくづく感じます。

IMGP1160.JPG
この日は玄関土間の部分の打設工事。
見えなくなる部分でも決して手を抜かずにキレイに仕上げていきます。
ホントに見えなくなるのが残念な位、キレイなんです。

次は防蟻工事「ターミメッシュフォームシステム」の様子です。
そこで、お知らせ!
実際にターミメッシュ工事している見学会を行います。
4月29日(祝) am.9:00〜
今のところ天気は晴れのようなので決行します。
雨の場合は施工できませんので中止となります、予めご了承下さい。
posted by apple35 at 08:00| 小滝の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

コンクリート打設

IMGP1070.JPG
blogは放置状態でしたが、現場は進んでおります^^;
「小滝の家」のコンクリート打設時の様子です。
コンクリートが隅々へ均一に行き渡るよう慎重に打設していきます。
この辺が職人技が活きるところ!

IMGP1075.JPG
耐圧盤と立上り部分のコンクリート一体打ちの様子。
基礎(特に外側)に打ち継ぎがあると、水やシロアリの侵入など
心配な部分が多々ありますね。

IMGP1080.JPG
打設し、鏝(コテ)で均していきます。
この辺りも職人の腕のみせどころです。
仕上がりが違います!

IMGP1085.JPG
基礎天端均しの様子。
基礎の上には土台が乗るので水平に施工していく必要があります。
打設後は適切な養生期間が必要となります。
ここは強度が出るまで待ちましょう。
 
posted by apple35 at 11:29| 小滝の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

基礎配筋A

IMGP1025.JPG

上段の配筋が組み終わり、内部の型枠も終了。
シングル配筋と比べると見ためも強度も全然違います。

IMGP1011.JPG
上下のコントラストがとてもキレイです。
そして、この日は基礎見学会。
初夏を思わせるような天気でした。

IMGP1026.JPG
配筋のピッチは200o間隔です。
スケールバーで表示させておきます。

IMGP1021.JPG
基礎のベース部分と立ち上がり部分をコンクリートで
一体に打つので、このようなスタイルになります。
ちょっと、写真では分かりにくいでしょうか???
基礎打ち継ぎによる水や白蟻の侵入、基礎自体の強度低下を
基礎一体打ちにすることで改善されます。
当社では基礎一体打ちは標準仕様となっております。
次はいよいよ打設ですね!!
posted by apple35 at 14:06| 小滝の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

基礎配筋@

IMGP0959.JPG

今日から基礎配筋作業です。
その前に、防湿シートを施していきます。
ここでは重ね代をしっかり確保してあるかチェック
していきます。

IMGP0960.JPG
現場には13oの鉄筋が搬入されました。
これを上下ダブル&縦横200oピッチで組んで行きます。

IMGP0969.JPG
朝のどんよりとした天気が一変、お昼には青空が‥!
防湿シートが敷き終わり、外周部から鉄筋組が施され
ていました。

IMGP0993.JPG
この日の夕方、下部の配筋工事が完了!
この段階で重要なのは縦横配筋の結線とスペーサー
ブロックなどによる鉄筋下のかぶり厚さの確保が
されているかです。
次は、いよいよ上部の配筋作業です。
posted by apple35 at 10:00| 小滝の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

型枠

IMGP0908.JPG

小滝の家の基礎工事は天気にも恵まれ
18,19日の見学会に向けて着々と進んでいます。
外側の型枠完了の様子。
この型枠の内側に断熱材を押さえ込んでいき
ます。

IMGP0925.JPG
そうすると…↑こんな感じになります。
基礎外断熱になる部分です。
この後は鉄筋加工に入り、防湿シートを施して
いよいよ配筋工事です!

ブログの報告が追いつかないくらい現場は日々
進んでいますよ^^
本当、田中ブロックさんは良く働きます!
posted by apple35 at 17:35| 小滝の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。